▶ プレスリリース

「子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場:診断テスト別(パパニコロウ試験、HPV検査、膣頸管検査、生体組織検査・子宮頸部掻爬、その他)、治療薬別(アバスチン(ベバシズマブ)、ブレノキサン(ブレオマイシン)、ハイカムチン(塩酸トポテカン)、ゲムシタビン – シスプラチン、ワクチン、ガルダシル、サーバリックス)、エンドユーザー別、地域別分析」市場調査レポートを販売開始



株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査レポート・産業データ販売)では、「子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場:診断テスト別(パパニコロウ試験、HPV検査、膣頸管検査、生体組織検査・子宮頸部掻爬、その他)、治療薬別(アバスチン(ベバシズマブ)、ブレノキサン(ブレオマイシン)、ハイカムチン(塩酸トポテカン)、ゲムシタビン – シスプラチン、ワクチン、ガルダシル、サーバリックス)、エンドユーザー別、地域別分析」レポートの販売を開始いたしました。


■レポートの種類:市場調査・分析レポート
■レポートのタイトル:子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場:診断テスト別(パパニコロウ試験、HPV検査、膣頸管検査、生体組織検査・子宮頸部掻爬、その他)、治療薬別(アバスチン(ベバシズマブ)、ブレノキサン(ブレオマイシン)、ハイカムチン(塩酸トポテカン)、ゲムシタビン – シスプラチン、ワクチン、ガルダシル、サーバリックス)、エンドユーザー別、地域別分析
■英文タイトル:Global Cervical Cancer Diagnostics and Therapeutics Market - Segmented by Diagnostic Test, By Therapeutics, End Users - Growth, Trends and Forecasts (2018 - 2023)
■出版日:2018年3月
■出版社:Mordor Intelligence
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)
■主な掲載内容

本資料は、子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場について調べ、子宮頸がん向け診断・治療薬の世界規模、市場動向、市場環境、診断テスト別(パパニコロウ試験、HPV検査、膣頸管検査、生体組織検査・子宮頸部掻爬、その他)分析、治療薬別(アバスチン(ベバシズマブ)、ブレノキサン(ブレオマイシン)、ハイカムチン(塩酸トポテカン)、ゲムシタビン - シスプラチン、ワクチン、ガルダシル、サーバリックス)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業の競争環境、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。
・イントロダクション
・エグゼクティブサマリー
・子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場インサイト
・子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場環境
・子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場動向
・子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場規模
・子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場規模:診断テスト別(パパニコロウ試験、HPV検査、膣頸管検査、生体組織検査・子宮頸部掻爬、その他)
・子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場規模:治療薬別(アバスチン(ベバシズマブ)、ブレノキサン(ブレオマイシン)、ハイカムチン(塩酸トポテカン)、ゲムシタビン - シスプラチン、ワクチン、ガルダシル、サーバリックス)
・子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場規模:エンドユーザー別
・子宮頸がん向け診断・治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析
・子宮頸がん向け診断・治療薬の北米市場規模・予測
・子宮頸がん向け診断・治療薬のアメリカ市場規模・予測
・子宮頸がん向け診断・治療薬のヨーロッパ市場規模・予測
・子宮頸がん向け診断・治療薬のアジア市場規模・予測
・子宮頸がん向け診断・治療薬の日本市場規模・予測
・子宮頸がん向け診断・治療薬の中国市場規模・予測
・子宮頸がん向け診断・治療薬のインド市場規模・予測
・子宮頸がん向け診断・治療薬の韓国市場規模・予測
・関連企業情報・競争状況

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.jp/global-cervical-cancer-diagnostics-therapeutics-b-mor-040409-report

■マーケットリサーチセンターHOME
https://www.marketresearch.jp/